So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

キャバ嬢とYさん [感動]

様々な客がプライベートで会いたいと言ってくる中
【スポンサーリンク】



彼は、一切そんなこと言いませんでした。

私がピンチな時は、決まって助けてくれました。

いつも静かにウィスキーを飲み、12時には帰って行きます。

大学の卒業が決まり、夜の仕事を卒業する日。

いつもと変わらず来店してくれて、お疲れ様の言葉をくれました。

翌日に珍しく彼の方からメールが来ました。

「今までお疲れ様、本当によく頑張ったね。

君と過ごした時間は本当に楽しかった。

これからは昼の人間、今まで夜の仕事で出会った人とはもう関わってはいけないよ。

夜の世界に戻ってきてはいけないよ。

もちろん僕とも。

いつでも君のことを応援しています。

もう会うことはないけれど、どうか夢が叶いますように。頑張れ!!」

私は彼の言う通り、夜の仕事で出会った人との連絡は断ちました。

でも、彼だけは、連絡先を消せませんでした。

毎年一度だけ、彼の誕生日にメールをしました。

「誕生日おめでとう。

体調崩してませんか?

この間、初めての契約がとれました。」

「誕生日おめでとう。

お元気ですか?

私は後輩ができました。仕事頑張ってます。」


「誕生日おめでとう。

毎年約束を破ってすみません。

仕事が上手くいかなくて正直辞めたいです。

もう頑張れないよ。。。」

3年目のメールで初めて返信が来ました。

「突然のメール申し訳ございません。

Yの娘です。

先日、父はガンで他界しました。

貴方に伝えたいことがあってメールさせていただきました。
【スポンサーリンク】



父の日記です。

父の想いが伝わったら幸いです。

お仕事頑張ってください。

--------------------

今日も彼女は楽しそうに大学の話をしてくれた。

夢を語る彼女はキラキラしてる。

応援していますよ。


今日はお寿司を食べに行った。

本当に美味しそうに食べてくれて嬉しかった。

昼は学校、夜は仕事。

ちゃんと寝てるのか心配だ。


進級おめでとう。

あと一年で卒業ですね。

応援してます。

最近遊びほうけてるみたいだけど、ちゃんと勉強もするんだよ。


就職が決まったようだ。

おめでとう。

夢への第一歩ですね。


やっと卒業した。

夢に向かって頑張ってほしい

頑張り屋さんだからきっと大丈夫。

頑張れ!!


誕生日のお祝いメールが来た。

覚えててくれて嬉しい。

仕事頑張ってるみたいで良かった。

でも、返信してはいけないな。

彼女は自分の力で未来を掴んだのだから。


今年もメールが来た。

先輩かー。

彼女のことだから張り切って世話やいてるんだろうな。

仕事楽しそうで何より。


仕事が大変みたいだ

頑張れ !!

辞めてはいけないよ。

彼女は強いからきっと大丈夫。

応援していますよ。君なら大丈夫だ。

--------------------

今年で社会人6年目。

今、仕事が楽しいです。

毎日頑張ってます。

天国のYさんへ届くように…

ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

女教師と少年A

http://bit.ly/1bnun5U


【スポンサーリンク】




タグ:感動

これ本当なの? 名探偵コナンの真相 [感動]

博士「なんのことじゃ?」

コナン「こっちはとっくに気づいてるんだよ」

博士「・・・・・・・?」

【スポンサーリンク】








コナン「阿笠博士が・・・いや、コードネームアガサが」

コナン「黒の組織の黒幕だってことはな」

博士「な、なにを言っとるんじゃ・・・」

コナン「最初から分かってたんだぜ?」

博士「・・・・いつからじゃ」

コナン「最初からだよ」

博士「・・・・・・・・」

コナン「アンタが俺と出会った時からだ」

博士「バカな・・・」

コナン「考えても見ろよ」

コナン「見ず知らずの小学生がいきなり現れて」

コナン「薬で体が小さくなっただって?」

コナン「正常な奴ならそんな話信じない、いやありえない」

コナン「ましてや科学者である博士が食事のメニューを当てられただけで信じるだって?」

コナン「笑わせんなよ」

博士「じゃが信じただけで断定するのは…」

コナン「あれ?言ってなかったか?」

コナン「俺と灰原とは何年も前から知り合いなんだぜ?」

博士「な、なんじゃと!」

コナン「ジンはアポトキシンを毒薬だと勘違いしていたが…実際は違う」

博士「………薬の効果は哀君が」

コナン「灰原が薬のデータを改ざんしたのさ」

コナン「アポトキシンの本来の効果は抗癌剤だ」

コナン「灰原、いや、宮野志穂が組織に入ったのは姉の宮野明美を救うためだったんだ」

博士「…哀君の話は関係ないじゃろ」

コナン「慌てんなよ。博士が俺の推理を聞いて…いや、」

コナン「俺の姿を見て工藤新一だと信じたのは」

コナン「前もってシェリーからアポトキシンの効果に人の細胞を若返らせる効果があるという」

コナン「実験データを受け取ったからだ」

博士「………」

コナン「でなければ誰が信じるってんだ…」

博士「ワシは…新一君を…君を信じて」

コナン「はっ、実はみんなにこの話をしたんだ…」

コナン「でも誰も信じなかったぜ?」

コナン「高校生が小学生になった、なんて話…」

博士「………」

コナン「博士、アンタ以外はな」

博士「…おかしな話じゃ、服部君はその話を信じてワシらに協力してくれとったはずじゃが?」

コナン「ハ!アイツは最初から信じてねーよ」

博士「なんじゃと?」

コナン「なぜなら、最初から知ってたからな」

博士「何を知っていたというんじゃ…?」

コナン「いや、アイツだけじゃない、博士以外のみんなが知っていたんだよ」

博士「一体…なにを知っていたと言うんじゃ!!!!」


コナンが知っていたこととは!?





博士 「・・・」


コナン「江戸川コナンと工藤新一が、」


コナン/新一「「別人だってな!!!!!!」」


博士 「な、なんじゃと!!」


新一 「久しぶりだな、アガサ博士」
博士 「し、新一君・・・じゃ、じゃが・・・」チラッ
コナン「・・・」


新一 「どうしたんだ?幽霊でも見たような面だぜ?」
博士 「・・・ハッ!そ、そうか!
また哀君がコナン君に化けているんじゃな!」
博士 「試作品のアポトキシンで
新一君は高校生の姿に戻り、
ワシをからかっておるんじゃな?」


コナン「・・・・・・バーロォ」
コナン「オレは正真正銘、
小学生の江戸川コナンだよ・・・」


博士 「バカな・・・何かの間違いじゃ・・・」
新一 「博士、俺はトロピカルランドの
一件があってからずっと身を隠してたんだ」


博士 「ぐっ、ど、どういう事じゃ!
お前は組織の取引を見て殴られて、」
新一 「(お前、か・・・)そこまでは合ってるぜ」
コナン「・・・・・・・・」


新一 「でもな、ジンに飲まされたのは
コナンの言うとおり抗癌剤だ」
新一 「死にもしなければ、
体が小さくなわけがないんだ」


博士 「こ、抗癌剤じゃと?
ジンがそんな物を使うはずが」
コナン「薬の開発者は宮野志保だ・・・
その開発者が毒薬と言って渡せば・・・」


新一 「・・・例え死ななくても・・・
そう、例えば一時的に
仮死状態になったとしても」
コナン「試作段階の薬って事で
宮野志保は言い逃れができるってわけさ」


博士 「か、仮死状態じゃと?」
新一 「あー・・・ジンは薬を
信用しきってたみたいだしな」


コナン「組織が誇る天才科学者・・・
そして改ざんされた薬のデータ」
新一 「ジンもまんまと
一杯食わされたってわけさ」


博士 「じゃ、じゃあ新一は今まで
どこにいたというんじゃ!?」
新一 「ジンに殴られ薬を飲まされた俺は
仮死状態になって倒れていた」


新一 「その時に助けてくれたのが・・・
そこにいる、コナンだ」
コナン「オレは新一さんと
組織のやり取りをずっと見ていたんだ」


コナン「たまたまドイル伯父さんと
トロピカルランドに居たからね」
博士 「ド、ドイルじゃと!!!まさか、」
新一 「そう、コナンは偽名ではなく・・・
本名だったんだよ」


新一 「名探偵シャーロック・ホ-ムズの生みの親、
アーサー・コナン・ドイルの子孫」
コナン「江戸川コナン、探偵さ」


博士 「ぐ、・・・た、探偵・・・・
ほ、本物の・・・子孫じゃと」
新一 「・・・俺を見つけたコナンは
すぐに伯父さんを呼び」


コナン「事の顛末を話したんだ」
新一 「俺は生きてることを
組織に悟られないように裏側から」
コナン「僕はドイル伯父さんと
新一さんのお父さんが協力して
調べ上げた組織の重要人物」
【スポンサーリンク】




コナン「アガサ博士の監視役として」
新一 「黒の組織を調べていたのさ!」
博士 「・・・・・・」


新一 「結局組織の明確な目的は
調べ切れなかったが…」


コナン「大方、限られた時間を
精一杯生きる事を諦め」
新一 「決して戻すことのできない
時計の針にしがみ付き」
コナン「未来へ進むことに
恐怖した老人達の・・・」


新一/コナン「「叶う事のハズのない夢物語・・・
だったんじゃないか?」」


博士 「・・・・・・」

新一 「・・・・・・」

コナン「・・・・・・」

博士 「ふっ、・・・ふっふっふっ」

新一 「・・・・・・」

コナン「・・・・・・」

博士 「ハッ!ハッハッハッ!!!」
博士 「まさかこんな若造どもに
追い詰められとるとはのぅ」


新一 「・・・博士」
コナン「・・・・・・」


博士 「ふんっ、せっかく生きた成功例が
手に入ったと思っとったが」
博士 「まさか本物の小学生だったとはのぅ、
傑作じゃ!」


新一 「博士・・・・もうじき親父たちも来る」
新一 「博士がどういうつもりで
こんな組織を作ったのか知らないけどよ・・・」
新一 「もう、終わったんだ・・・・」


博士 「!?・・・おわり・・・じゃと?」
新一 「あぁ、終わりだ・・・
博士、適わない夢を見るのはもう、
止めにしようぜ」


博士 「ワ、ワシの・・・ワシのカミ・・・のヶ」
コナン「髪・・・の毛?」
博士「そうじゃ!ワシは
髪の毛が欲しかっただけじゃ!!」


―――・・・バババ


新一 「!?・・・(なんだこの音・・・外からか?)」


―――バババババ


博士 「若返ってフサフサの黒髪を・・・


『ドン!!』


博士 「ガハァ!?」ドタ!
新一 「博士!!クソッ!外から銃で!」


――バババババ


コナン「くそ!この音はヘリだったのか!」


ババババババババババババ


ジン 「ふんやってくれたな探偵小僧・・・
だが幹部の一人が死んだだけだ」
博士 「」


新一 「くっ・・・あれは、ジンか・・・」
コナン「逃がすかよ!!」カチッ!キュィィイイイイン


新一 「待てコナン!伏せろ!!」
ジン 「ふんっ」カチッ!


―――ドドドドドドドド


コナン「くそ!」


――シュゥゥウ~


ジン 「おい、浮上だ、撤退する」
ウオッカ「え?いいんですかい?」


ジン 「ターゲットは排除した、帰還するぞ」
ウオッカ「ですが目撃者が、」


ジン 「・・・俺の言うことがきけねぇのか?」
ウオッカ「へ、へい!わかりやした・・・・」


―――ババババババババ


ジン 「(ふん、組織の壊滅も近いな・・・)」バババババ
ジン 「(忙しくなりそうだな赤井、
俺たちFBIもよぉ)」バババババ


――――――――――――――


新一 「クソッ!結局ジンは逃がしちまった」
コナン「・・・ねぇ新一さん、
博士、最後なんて言ってたの?」


新一 「え?なんだ、聞こえてなかったのか?」
コナン「うん・・・髪の毛がどうとかって
言ってたけどよく聞こえなかったんだ」


新一 「・・・さぁな、結局俺たち探偵は、
犯罪者の気持ちも
マッドサイエンティストの気持ちも、
一生理解できないのかもな」
コナン「・・・そっか、そうだよね」

――――――――――――――


ドイル「コナンから連絡があったよ」
優作 「そうですか・・・では」


ドイル「うむ、無事、
始末してくれたようだよ」
ドイル「組織の金を勝手に使い荒らした
哀れなブタをね」


優作 「・・・空いた席はどうします?」
ドイル「そうだなぁ、私はジンを推薦するよ」
優作 「ジン、ですか、
新一達のライバルですね」


ドイル「・・・・(ふっふっふっ、
次の相手は手強いぞコナン)」


ドイル「アーサー・コナン・ドイルが作った
組織を追い詰め、
探偵ホ-ムズを超えて私の前に来い」


ドイル「そしたら全てを教えてやる!
その時お前がどんな顔をするか!
フッ、ハハッハハ!!!!」


優作 「・・・(その時こそ、
私の小説『名探偵コナン』が完結する)」


優作 「・・・新一、
小説の冒頭で死ぬはずだったお前が、
二発目のSilverBulletと成った時」


優作 「物語は作者の手を離れ、
誰もが想像し得ない未来が
描かれる事になるだろう・・・」


優作 「お前は真の始まりへ
辿り着ける事ができるのか・・・」


たった一つの真実を見抜く

見た目は子供

頭脳は大人

その名は

優作 「名探偵コナンと共に」

ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

女教師と少年A

http://bit.ly/1bnun5U
【スポンサーリンク】




感動の親子愛 娘と夫 [感動]

娘がお願いしたクリスマスプレゼント

6歳の娘がクリスマスの数日前から 欲しいものを手紙に書いて 窓際に置いていたから、 早速何が欲しいのかなぁと、
【スポンサーリンク】



夫とキティちゃんの便箋を 破らないようにして  手紙を覗いてみたら、 こう書いてあった。

「サンタさんへ おとうさんの ガンがなおるくすりをください!  おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、 私だんだん悲しくなって少し メソメソしてしちゃった。


昨日の夜、娘が眠ったあと、

夫は娘が好きなプリキュアの キャラクター人形と 「ガンがなおるおくすり」と 普通の粉薬の袋に書いたものを 置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの 人形もだけれど、 それ以上に薬を喜んで 「ギャーっ!」って嬉しい叫びを 上げてた。
【スポンサーリンク】



早速朝食を食べる夫の元に どたばたと行って、

「ねえ! サンタさんから お父さんのガンが治る薬貰ったの!  早く飲んでみて!」 っていって

、夫に薬を飲ませた。

夫が「お! 体の調子が、 だんだんと良くなって きたみたいだ」と言うと娘が、 「ああ! 良かった~。

これでお父さんとまた、 山にハイキングに行ったり、 動物園に行ったり、 運動会に参加したりできるね~」 って言い、

夫はだんだんと顔を 悲しく歪めて、 それから声を押し殺すようにして 「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。

震えてた。 私も貰い泣きしそうになったけれど

なんとか泣かないように鍋の味噌汁を オタマで掬って無理やり飲み込んで 態勢を整えた。

夫は娘には 「薬の効き目で涙が出てるんだ」と 言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子の家に プリキュアの人形を持って 遊びに行った後、

夫が 「来年はお前がサンタさんだな……。 しっかり頼むぞ」
【スポンサーリンク】





日本中が涙したさよならドラえもん

ある日、突然ドラえもんが未来の世界に帰らなくてはならないことになります。

最初は、泣いてドラえもんを引きとめようとするのび太でしたが、パパやママに諭されて、諦めます。

最後の夜。いつもは押し入れで寝ているドラえもんも、この日はのび太と一緒の布団に入っています。
【スポンサーリンク】




でも……。

のび太: ねむれない。

ドラえもん: ぼくも。

二人は、眠らなくても疲れない薬を飲んで、外に散歩に出ます。

自分がいなくなった後ののび太を心配するドラえもん。ちゃんと一人でやっていけると約束するのび太。

ドラえもんはその言葉が嬉しくて、思わず涙を流します。

ドラえもん: ちょ、ちょっと、そのへんを、さんぽしてくる……。

ドラえもんはその場から走り去って行きます。

のび太: なみだをみせたくなかったんだな。いいやつだなあ。

のび太が空き地の土管に腰掛けていると、フラフラと人影が。
【スポンサーリンク】



それは、寝ぼけて散歩しているジャイアンでした。

寝ぼけているところを見られたジャイアンは怒り、のび太に殴りかかります。

のび太は思わずドラえもんに助けを求めようとしますが、思い直します。

のび太: けんかなら、ドラえもんぬきでやろう。

ジャイアン: ほほう……。えらいな、おまえ。そうこなくっちゃ。

しかし、ジャイアンとのび太では、とても勝負にはなりません。

けんかというより、のび太が一方的に殴られるばかり……。でも、のび太は諦めません。

ドラえもんは家に戻りますが、のび太は戻りません。心配して外に探しに行きます。

そして、空き地で、ボロボロになりながら、なおもジャイアンにつかみかかっているのび太を発見します。
ジャイアン: いてて、やめろってば。悪かった、おれのまけだ。ゆるせ。

さすがのジャイアンも、のび太の頑張りにホトホト参ったようで、逃げるように立ち去ります。

そしてドラえもんがボロボロののび太に駆け寄ると、のび太が傷だらけの顔を上げます。

のび太: かったよ、ぼく。

みたろ、ドラえもん。かったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろ、ドラえもん。

ドラえもんは、涙を流しながら、ただ黙ってのび太に肩を貸して歩いています。

翌朝、のび太が目を覚ますと、ドラえもんはいません。

タイムマシンの入口である、机の引き出しが開いたままになっています……。
最後、のび太のドラえもんに対する心の中での呼び掛けで話は終わります。

最高の家族を見たような気がします!!
ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

【スポンサーリンク】




重い関節炎の愛犬

痛みを少しでも忘れられるように……

【スポンサーリンク】




重い関節炎にかかった愛犬を抱え毎日 湖に行く男性 



動物を飼うということ。

その成長を見守り、一緒に生活をする。

これはとても幸せな時間だ。



しかし、彼らはいつまでも赤ちゃんじゃない。

人間同様老いていく。いや、人間よりもずっと早く。



今、ある飼い主と老いたペットの写真がネットユーザー達の胸を打っている。

男性と犬が湖の中にたたずむ写真。



その老犬は重い関節炎を患い動くこともままならない。

男性は少しでも痛みから解放しようと、愛犬を抱え毎日湖に連れて行っているのだ。



写真に写っている男性の名はアメリカ在住のJohnさん。

そして彼に抱きかかえられているのは愛犬Shepだ。

Shepは生後8カ月の頃にJohnさんのもとにやって来た。



そのShepももう19才。

人間の年齢にしたら100才はゆうに超える高齢だ。

年をとったShepは重い関節炎にかかってしまった。

今ではあまりの痛さに食事も眠ることさえもままならなくなってしまった。



もう活発に動くことも、一緒に遊んだりもできない。

しかし、JohnさんのShepへの思いはそんなことでは消えなかった。



彼は動けなくなったShepを連れて、湖へ行くようになった。

そして、Shepを抱えて水の中に入るのである。水に入ると浮力により、

一時的ではあるが関節炎の痛みが緩和されるという。

Johnさんは毎日毎日Shepを湖に連れて行き、少しでも痛みがやわらぐようつとめているそうだ。

【スポンサーリンク】




この写真を撮影したフォトグラファーのStonehouseさんは

「写真を撮ったとき、Shepはパパ(Johnさん)の腕の中で眠っていました。

それも、とても穏やかな表情で」と語っている。



なんの心配もなくスヤスヤと眠る表情はまるで子犬のようだ。

関節の痛みもやわらぎ、何より大好きなJohnさんと一緒にいて安心しているのではないだろうか。



Facebookではこの写真に25万以上もの「いいね!」がつけられた。

 

また、ネットユーザーからも

「愛に満ちた写真だ」

「涙が出た」

「これは全ての飼い主がペットにすべきことだ」

「もう何て言ったらいいかわからない。素晴らしいよ」

など感動のコメントが3万件近くつけられている。



動物を飼う期間は人間にとっては長い人生の一部分かもしれない。

しかし、ペットとして飼われた動物は一生涯人間の下で暮らすことになる。

人間との時間は彼らの生涯そのものなのである。



動物を飼うときは、彼らの寿命が1年であっても20年であってもそのことを忘れてはいけない。

Johnさんのような愛情こそが人間と動物、双方の幸せにつながるのではないだろうか。


最高の家族を見たような気がします!!
ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

【スポンサーリンク】




タグ:感動

ありがとうの反対って??

「ありがとうの反対は」


ありがとうの反対語など、

今まで考えたこともなかった。

【スポンサーリンク】




教えてもらった答えは…

「あたりまえ」



「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」

「有難(ありがた)し」という意味だ。



あることがむずかしい、まれである。

めったにない事にめぐりあう。



すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」



我々は、毎日起こる出来事を、

当たり前だと思って過ごしている。



歩けるのが、あたりまえ。

目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。

手足が動くのが、あたりまえ。

毎朝目覚めるのが、あたりまえ。

食事ができるのが、あたりまえ。

息ができるのが、あたりまえ。

友達といつも会えるのが、あたりまえ。

太陽が毎朝昇るのが、あたりまえ。

うまれてきたのが、あたりまえ。

夫(妻)が毎日帰ってくるのが、
あたりまえ。



そして…

生きているのが、あたりまえ。



また、ある夫婦の話もしてくれた。



晩酌の時、いつも無口の夫が、

「ちょっと、お酌してくれないか?」

と珍しく妻に言った。



台所の片付けをしていた妻は、

「今、忙しいから自分でやって」と答えた。

夫は少し寂しそうだったが、

手酌で酒をついだ。



その、2~3時間後、夫は急に倒れ、

救急車で病院に運ばれ、

帰らぬ人となってしまった。



それから、妻は、

何故あの時、

夫にお酌をしてあげなかったのかと、

ずっと悔やんだという。



あの時何故、もっと、

優しい言葉で、

こぼれるような笑顔で、

感謝の言葉で、

接することができなかったのか…
【スポンサーリンク】





誰しも、

今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。



今日、

誰かと出逢い、話し、笑い、

食事をして、

仕事ができる。



こんな当たり前だと思うことが、

本当は奇跡の連続なのだ。



「有ること難し」



生きて、出逢う、という奇跡の連続に、

「ありがとう」を言わずにいられない。

本当にすばらしい話だ!!

最高の家族を見たような気がします!!
ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

【スポンサーリンク】




高校サッカー選手権 感動の親子優勝

敗戦濃厚だった。

高校サッカーはこれだからわからない。



試合は後半42分まで0対2と星稜にリードを許す苦しい展開だったが、1点差に詰め寄ると、終了間際に相手反則からPKの好機。大塚主将が蹴ったボールはゴール左側に吸い込まれた。延長後半9分には味方のシュートが決まり、そのまま逃げ切った。

 表彰式で優勝旗を受け取った大塚主将。「監督と親子でいろいろ批判もされた」と振り返り、「自分は平気だったが、監督はつらそうだった」。しかし、「サッカーで結果を出すことができた。努力を続けたかいがあった。プロになって、(批判した人たちを)見返したい」と話した。大塚監督は次男に対し「3年間頑張ってきたことが報われた」と涙をこぼしてねぎらった。



 一方、あと一歩及ばなかった星稜。後半の終了間際からベンチに下がった寺村介主将(3年)は、小学1年の時にがんで亡くした母の忍さんに、「日本一になる」と墓前で約束して臨み、前半ではPKも決めた。「母には『こんなに素晴らしい仲間たちとサッカーができてよかった』と伝えたい」と語った。

息子のPKを祈るように見つめる父
youtu.be/2XKufK9ZHko

こんな親孝行もうないでしょうね!!

最高の家族を見たような気がします!!
ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J




女教師と少年A [感動]

先生が小学五年生の担任になった時、
どうしても好きになれない児童がひとりいた。

その少年は、一人服装が不潔でだらしなかった。
中間記録に先生は少年の悪いところばかりを
記入するようになっていた。
【スポンサーリンク】





あるとき、少年の一年生の記録が目にとまったのである。

一年生・・・朗らかで、友達が好きで、人にも親切。
      勉強も良く出来、将来が楽しみ。

間違いだ。
他のこの記録に違いない。
先生はそう思った。

二年生・・・母親が病気で世話をしなければならず、
      学校に遅刻する。

三年生(一学期)・・・母親の病気が悪くなり疲れていて教室で居眠りをする
三年生(三学期)・・・母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる。

四年生・・・父は生きる意欲を失い、
      アルコール依存症となり、子供に暴力を振るう。

先生の胸に激しい痛みが走った。
ダメと決め付けていた子が突然、
悲しみを生き抜いている生身に人間として、
自分の前に立ち現れてきたのだ。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
 あなたも勉強していかない?
 分からないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔をみせた。
それから毎日少年は教室の自分の机で
予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が始めて手を挙げたとき、
先生に大きな喜びが沸き起こった。

少年は自信を持ち始めていた。
それはクリスマスの午後だった。

少年が小さな包みを
先生の胸に押付けてきた。
後で開けてみると、香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが
使っていた物にちがいない。
【スポンサーリンク】




先生はその一滴をつけ、
夕暮れに少年の家を訪れた。

雑然とした部屋で
独り本を読んでいた。

少年は、気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!
 今日はなんて素敵なクリスマスなんだ。」

六年生で少年の担任ではなくなった。

卒業の時、
先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。
 そして今まで出会った中で
 一番素晴らしい先生でした。」

それから六年、またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で
 先生に担当してもらって、とても幸せでした。
 おかげで奨学金をもらって、医学部に進学
 することができます。」

十年経て、またカードがきた。

そこには先生に出会えた事への感謝と
父親に叩かれた経験があるから
患者の痛みが分かる医者になれると記され、
こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生のときの
 先生思い出します。
 あのまま駄目になってしまう僕を
 救ってくださった
 先生を神様のように感じます。
 医者になった僕にとって、
 最高の先生は五年生
 の時に担任して下さった先生です」

 そして一年。
 届いたカードは結婚は結婚式の招待状だった。

 「母の席に座って下さい」
  と一行、書きそえられていた。

ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

【スポンサーリンク】




タグ:教師 感動

有名なディズニーの話☆



旦那の上司の話です。
亡くなったお子さんの話だそうです。

主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。
当時5歳。
幼稚園でいえば、年中さんですね。
原因は分かりません。
不治の病だったそうです。

Aさんも、Aさんの奥さんも絶望の淵に立ったそうです。
奥さんは、突然Aさんに皿を投げつけたりするDV行為を行ったそうです。
ストレス発散だったのでしょうか。
Aさんは事情が理解できていたので、黙って見守っていたそうです。

我が子を失った思いというのは、自分さえ深く深く傷ついている。
ましてや、奥さんは自分が仕事でいない間もずっと一緒だった。
たとえば入院してからも、自分は仕事で病院に行けない日があったのに、奥さんはずっと通っていたわけです。
Aさんも悪いなあと思っていました。

その時点では、いずれ退院したら、どっか連れて行こうか、女房と子供はディズニーが好きだから、連れていけばいいや、と軽く考えていたそうです。

その矢先のお子さまの突然の天界。
Aさんも自分の過ちを気づいたそうです。
その時、その一秒でも子供と、奥さんと共に接していれば、わずかな時間でも共有していれば、たとえ結果は一緒だったけれど、過程は全然異なる。そう自責の念に駆られたそうです。

子供を失った夫婦というのは、とてつもなく大きな暗い穴が広がるそうです。
我が子はうざいと思う時もありますが、いざ、最初からいないと仮定すると、それは考えられない。
失う、消えるという事態が突然自分の事になるのはとても理解できないと思います。
そういう場面にAさん夫妻は直面したわけです。

その後は毎日が夫婦喧嘩。
一方的に奥さんが罵るわけですが、Aさんも耐えてるんでけども、悪いとは思いながらも、時折言い返してしまう。
メビウスの輪の悪循環。
Aさんと奥さんは精神的にボロボロに崩れ落ちていました。

当時A課長は、私の旦那を送ってきた際に

『きみの子たちは元気だね。それは結構幸せな事なんだ。ゼロになるというのは本当に信じられないことなんだ。気が狂うよ。』

と言ってました。
涙目で。
後々になって話を聞くと、実際に、備長炭を用意していたそうです。

死ぬ一歩手前。

そんな時な話です。

『ディズニーランドに行ってみようか。』

そう思ったA課長はその考えを奥さんに言いました。
なぜならその日は生きていれば我が子の誕生日だったからです。
それに、子供は病院で息を引き取る前に、ミッキーのぬいぐるみを抱いていたほどディズニーが大好きだった。


Aさんは、子供が亡くなるまで毎年、ディズニーランドで子供の誕生日を祝っていたのでした。
今年も生きていれば当然ながら行っていた。
自分の家のイベントだった。
それを思い出したんです。
それで一周忌に子供の約束は守ろうかって思ったんですね。

Aさん夫婦はディズニーランドに行きました。
最初は後悔したそうです。
すれ違う親子連れ。
ミッキーの帽子をかぶってじゃれ合う親子連れ。
同い年であろう子供を見るたびに涙がこぼれそうになったそうです。

だって我が子も一緒に来ていれば同じことをしていたわけです。
手の温かさを思い出したそうです。

『パパ、ママ。』

亡き子供の声を何万回も聞いたそうです。

もし、自分の子供が生きていたら、こんなふうに乗り物に乗っていたんだろうか。
こんなものを一緒に食べて喜んでいたのかなあ。
ディズニーランド内を歩くたびに亡くなった子供の笑顔ばかりが頭に浮かんだそうです。
Aさんは

『来なければよかったよ。』

と思ったそうです。
奥さんも同じことを考えていたのか、Aさんを睨み付けるばかり。

『帰ろうよ。』

さらに

『あなたは私に悲しみを与えるばかり。』
『最悪の夫だよね。』

とも言われたそうです。
宣告ですね。

Aさんは、ふと、そんな奥さんを見て思ったそうです。
ぼくと一緒にいるから彼女は子供のことを思い出し、救いようのない泥沼から這い上がれずにいる。
それは自分も同じだ。
お互いに幸福になるには?

導き出した結論は離婚でした。
子供を亡くした親は必ず離婚を意識するそうです。
理由はこれ以上、子供のことを思い出して、互いに傷つきたくはないから。
それが天国にいるであろう、我が子に対しての償い。
償いとは、自分自身に対する運命のカルマです。

真剣に離婚を考えながらもA課長は、予約してあるレストランへ行きました。

そこではお互い、言葉は交わすことはなくても、これが一緒に取る最後の食事であることはなんとなく、感じていました。
子供が生きていたら喜ぶであろう、ミッキーマウスのショーが見れるレストラン。
これが最後の晩餐になるんだろうなぁ、と夫婦共に考えていたそうです。

A課長は自分の心は死んだ子供にある。
奥さんも亡くなった子供だけしか考えられなくなっている。

どんなに思おうが、子供は生き返らない。
苦痛のジレンマ。
だけど、二人にとっては決して忘れることができないし、忘れる気持ちも毛頭ない、楽しい日々の思い出がある。
共有する楽しい思い出と、それに残酷なまでに続く悲しい思い出。

子供の笑顔が脳裏で蘇るたびに、罵り合い、互いに傷つけ合う。
レストランに入り、

「予約していたAですが。」

と伝えると、係の者(キャスト)は席に案内してくれました。
テーブル席。
空席がありますが、それは亡くなった子供の席です。
Aさんと奥さんの間にある一つの空席。
ポツンと。

あいにくと、その日は非常に混んでおりました。
日本はおろか、アジア中から客(ゲスト)が来ていたから当然です。
Aさんの席は二人だけなのに、4人掛けのテーブル。
Aさんもちょっぴり悪いかな、と考えました。
そんな時に、キャストは来て言いました。

『お客さま、大変申しわけございませんが、御夫婦さまでしたら、二人掛けのテーブルに移っていただけないでしょうか?御家族連れに困っているお客さまのために。』

そう言ったそうです。

夫婦だけなら、もっと小さなテーブルに行って、大きなテーブルは待ち疲れたファミリーに譲る。
それはディズニーに限らず、レストランで食事を摂る者の当たり前のマナーですね。

だけど、Aさんは「悪いな」とは思いつつ言いました。

『混んでいるのは分かるんだよね。できることなら僕だって席を譲りたい。でも、実は、昨年、私たちの子供が病気で死んだんだ。今日は、私たちの子の誕生日なんだ。私たちは子供の誕生日を祝ってあげたい。この真ん中の席には、子供が座る予定だったんだ。約束していたんだ。二人だけであれば当然、席を譲ろうかとも思うんだけれど、亡くなった子のバースディだから、大変申しわけないんだけど、このままでいさせていただけないだろうか。』

と言ったそうです。

そのキャストは、しばらく考えると、

『お客さま、それは大変失礼な事を言ってしまいました。大変申しわけございません。どうぞ、このままの状態でいらしゃって下さい。』

と言って去って行ったそうです。

しばらくして食事が来ました。
注文したのは二人分のフレンチのコースだったのに、なぜか三人分が来たそうです。
しかも、真ん中の席にはきちんとお子さまランチが置かれたそうです。
ドリンクはオレンジジュース。
Aさんはキャストを呼びました。

『自分たちは子供の分までは注文していない。』

と。

すると、

『これは店のサービスです。お子さまの分はお店のサービスです。』

そうキャストは言ったそうです。
しばらくして、天井の明かりが少しばかり落とされたかと思うと、突然、アナウンスがありました。
Aさん夫妻は何だろう?と思い、マイクの発信先に目をやりました。
すると、そのキャストが大きなケーキを持っていました。
それもバースデーケーキを。

『みなさま、大変申しわけございません。本日は特別な日です。ここにいらっしゃる方のお子さまの誕生日なのです。どうかみなさま、いっしょにハッピーバースデーを一緒に歌ってはいただけませんか。』

そう言うと、音楽と共に、ケーキをAさんのテーブルに運んできてくれたそうです。
幾人ものお客さんが、音楽に合わせて、ハッピーバースデーを歌ってくれたそうです。

テーブルに運ばれてきたケーキ。
すると自然に蝋燭の火が消えたそうです。
理由は分かりませんが静かに消えた。
Aさん夫婦が立ち上がってお礼のために頭を下げると、拍手が起こったそうです。
おめでとう。
おめでとう。

やがてショーが始まったそうです。
ミッキーのショーですね。
そのとき、Aさん夫婦は、奇跡を見たそうです。
真ん中の席に、誰もいないはずの席に、我が子が座っている。
ミッキーの踊りを見て喜んで手を叩いている。

ああ。
ああ。
君と一緒に見たかったんだよ。
Aさんは涙目になりながら、我が子、生前の我が子からは少し成長した我が子を見たそうです。
笑顔で喜ぶ我が子を。

横に目線を走らせると、Aさんの奥さんもハンカチで目頭を押さえて、同じように、空席に座る少し成長した我が子を見ることを体験したそうです。

そのとき、夫婦で悟ったそうです。
ぼくたちは間違っていたのかもしれないね。
ぼくたちが喧嘩ばかりしていたら、亡くなった子供はますます悲しくなってしまうよね。
悲しみがひどすぎて、天国へもいけないね。 
ぼくたちは間違っていたんだ。
子供のことは忘れてはいけない。
だけど、前に進まなればならないんだね。

そう、夫婦で一瞬にして悟ったそうです。
その直後、真ん中に座る子供はAさんと奥さまを右、左とゆっくりと見て、微笑んだそうです。
声は出すことはなかったそうですが、こう聞こえたそうです。

『ありがとう。ありがとう。パパとママ、ありがとう。』

やがてショーが終わり、店内に明かりが再び灯りました。

Aさん夫婦の間には手を付けられていない料理が一つ。

だけど、いま体験した奇跡は夫婦は本物であると疑いを持つことはありませんでした。
二人手を握り締め合って、ディズニーランドを後にしたそうです。
ディズニー
http://bit.ly/17GJuw2

最高の教師☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J



最高の教師☆


日本の教育現場も捨てたもんじゃない」
「教師の中の教師だ」-。

体罰をして辞表を出した京都府京丹後市の市立小学校の男性教諭(28)が、
辞職撤回を求める保護者の署名で復職した。

市教委などによると、教諭は子供のころ、外見を理由にした嫌がらせを受け、
自殺まで考えたことがある体験から、常々いじめにつながる嫌がらせ行為には気を払っていた。



今月4日、教諭は体罰をした直後、自分で校長に報告。

校長室に向かう教諭に、ほとんどの児童が泣きながらついていき、
校長室の周りに座り込んでいたという。

保護者説明会で
「信頼している先生に残ってほしい、という子供たちの願いを強く感じた。辞めさせてはならない」
と保護者が結束し、署名運動を始める一方、校長あてに正直な思いを手紙につづった。

「(教諭の行動は)怒りの感情にまかせた行動ではなく、冷静な対処。自分の職をかけてでも矯正しようとしてくれた先生に感動し、涙がこぼれた」

児童も心境は同じだった。

「これからもぼくたちのたんにんをやってください」
「先生がいないと学校にいきたくない」
「ぼくのせいでこんなことになってごめんなさい」…。
全員が色紙に書いた寄せ書きには、素朴だが力強い言葉が並んだ。

謹慎後、教諭は反省文を提出した。

「『みんなを殴って先生は辞める』と言ったのは言葉の暴力だった」

「子供と話し込んだり先輩の先生と相談するべきだった」などと振り返り、

「いかなる処分も受けて、子供たちを立派に成長させ、卒業させる」と決意。

最後は「こんな素晴らしい教育環境の中で教師生活をさせていただくことに自信と誇りをもって頑張っていきます」

と締めくくられていた。


「体罰」は事前に警告

市教委などによると、男性教諭による体罰が起こったのは今月4日。

教諭のクラスでは1人の男児の外見を一部児童がからかい、他の児童も黙認する状態だった。

教諭は「(次にからかったら)みんなをたたいて教師を辞める」と注意していたが、

4日に再びからかいがあったため、「ここで放置すると、いじめに発展しかねない」と判断。

男性教諭はからかわれた男児を除く全員のほおを平手打ちした。

報告を受けた校長は同日夜、保護者らを集め、教諭とともに謝罪。

3日間の自宅謹慎を命じられた教諭は辞表を出した。

ところが、寛大な処分を求める署名運動が保護者の間で始まり、

全校の児童191人の保護者ほぼ全員分の署名が学校に提出された。

その後、教諭が二度と体罰をしない意思を示したため、校長は辞表を返却した。
教諭は採用4年目で、同小には今年度に着任していた。

ディズニー
http://bit.ly/17GJuw2

最高の教師☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J



タグ:感動 教師
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。