So-net無料ブログ作成

高校サッカー選手権 感動の親子優勝

敗戦濃厚だった。

高校サッカーはこれだからわからない。



試合は後半42分まで0対2と星稜にリードを許す苦しい展開だったが、1点差に詰め寄ると、終了間際に相手反則からPKの好機。大塚主将が蹴ったボールはゴール左側に吸い込まれた。延長後半9分には味方のシュートが決まり、そのまま逃げ切った。

 表彰式で優勝旗を受け取った大塚主将。「監督と親子でいろいろ批判もされた」と振り返り、「自分は平気だったが、監督はつらそうだった」。しかし、「サッカーで結果を出すことができた。努力を続けたかいがあった。プロになって、(批判した人たちを)見返したい」と話した。大塚監督は次男に対し「3年間頑張ってきたことが報われた」と涙をこぼしてねぎらった。



 一方、あと一歩及ばなかった星稜。後半の終了間際からベンチに下がった寺村介主将(3年)は、小学1年の時にがんで亡くした母の忍さんに、「日本一になる」と墓前で約束して臨み、前半ではPKも決めた。「母には『こんなに素晴らしい仲間たちとサッカーができてよかった』と伝えたい」と語った。

息子のPKを祈るように見つめる父
youtu.be/2XKufK9ZHko

こんな親孝行もうないでしょうね!!

最高の家族を見たような気がします!!
ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。