So-net無料ブログ作成

日本中が涙したさよならドラえもん

ある日、突然ドラえもんが未来の世界に帰らなくてはならないことになります。

最初は、泣いてドラえもんを引きとめようとするのび太でしたが、パパやママに諭されて、諦めます。

最後の夜。いつもは押し入れで寝ているドラえもんも、この日はのび太と一緒の布団に入っています。
【スポンサーリンク】




でも……。

のび太: ねむれない。

ドラえもん: ぼくも。

二人は、眠らなくても疲れない薬を飲んで、外に散歩に出ます。

自分がいなくなった後ののび太を心配するドラえもん。ちゃんと一人でやっていけると約束するのび太。

ドラえもんはその言葉が嬉しくて、思わず涙を流します。

ドラえもん: ちょ、ちょっと、そのへんを、さんぽしてくる……。

ドラえもんはその場から走り去って行きます。

のび太: なみだをみせたくなかったんだな。いいやつだなあ。

のび太が空き地の土管に腰掛けていると、フラフラと人影が。
【スポンサーリンク】



それは、寝ぼけて散歩しているジャイアンでした。

寝ぼけているところを見られたジャイアンは怒り、のび太に殴りかかります。

のび太は思わずドラえもんに助けを求めようとしますが、思い直します。

のび太: けんかなら、ドラえもんぬきでやろう。

ジャイアン: ほほう……。えらいな、おまえ。そうこなくっちゃ。

しかし、ジャイアンとのび太では、とても勝負にはなりません。

けんかというより、のび太が一方的に殴られるばかり……。でも、のび太は諦めません。

ドラえもんは家に戻りますが、のび太は戻りません。心配して外に探しに行きます。

そして、空き地で、ボロボロになりながら、なおもジャイアンにつかみかかっているのび太を発見します。
ジャイアン: いてて、やめろってば。悪かった、おれのまけだ。ゆるせ。

さすがのジャイアンも、のび太の頑張りにホトホト参ったようで、逃げるように立ち去ります。

そしてドラえもんがボロボロののび太に駆け寄ると、のび太が傷だらけの顔を上げます。

のび太: かったよ、ぼく。

みたろ、ドラえもん。かったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろ、ドラえもん。

ドラえもんは、涙を流しながら、ただ黙ってのび太に肩を貸して歩いています。

翌朝、のび太が目を覚ますと、ドラえもんはいません。

タイムマシンの入口である、机の引き出しが開いたままになっています……。
最後、のび太のドラえもんに対する心の中での呼び掛けで話は終わります。

最高の家族を見たような気がします!!
ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

【スポンサーリンク】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。