So-net無料ブログ作成

キャバ嬢とYさん [感動]

様々な客がプライベートで会いたいと言ってくる中
【スポンサーリンク】



彼は、一切そんなこと言いませんでした。

私がピンチな時は、決まって助けてくれました。

いつも静かにウィスキーを飲み、12時には帰って行きます。

大学の卒業が決まり、夜の仕事を卒業する日。

いつもと変わらず来店してくれて、お疲れ様の言葉をくれました。

翌日に珍しく彼の方からメールが来ました。

「今までお疲れ様、本当によく頑張ったね。

君と過ごした時間は本当に楽しかった。

これからは昼の人間、今まで夜の仕事で出会った人とはもう関わってはいけないよ。

夜の世界に戻ってきてはいけないよ。

もちろん僕とも。

いつでも君のことを応援しています。

もう会うことはないけれど、どうか夢が叶いますように。頑張れ!!」

私は彼の言う通り、夜の仕事で出会った人との連絡は断ちました。

でも、彼だけは、連絡先を消せませんでした。

毎年一度だけ、彼の誕生日にメールをしました。

「誕生日おめでとう。

体調崩してませんか?

この間、初めての契約がとれました。」

「誕生日おめでとう。

お元気ですか?

私は後輩ができました。仕事頑張ってます。」


「誕生日おめでとう。

毎年約束を破ってすみません。

仕事が上手くいかなくて正直辞めたいです。

もう頑張れないよ。。。」

3年目のメールで初めて返信が来ました。

「突然のメール申し訳ございません。

Yの娘です。

先日、父はガンで他界しました。

貴方に伝えたいことがあってメールさせていただきました。
【スポンサーリンク】



父の日記です。

父の想いが伝わったら幸いです。

お仕事頑張ってください。

--------------------

今日も彼女は楽しそうに大学の話をしてくれた。

夢を語る彼女はキラキラしてる。

応援していますよ。


今日はお寿司を食べに行った。

本当に美味しそうに食べてくれて嬉しかった。

昼は学校、夜は仕事。

ちゃんと寝てるのか心配だ。


進級おめでとう。

あと一年で卒業ですね。

応援してます。

最近遊びほうけてるみたいだけど、ちゃんと勉強もするんだよ。


就職が決まったようだ。

おめでとう。

夢への第一歩ですね。


やっと卒業した。

夢に向かって頑張ってほしい

頑張り屋さんだからきっと大丈夫。

頑張れ!!


誕生日のお祝いメールが来た。

覚えててくれて嬉しい。

仕事頑張ってるみたいで良かった。

でも、返信してはいけないな。

彼女は自分の力で未来を掴んだのだから。


今年もメールが来た。

先輩かー。

彼女のことだから張り切って世話やいてるんだろうな。

仕事楽しそうで何より。


仕事が大変みたいだ

頑張れ !!

辞めてはいけないよ。

彼女は強いからきっと大丈夫。

応援していますよ。君なら大丈夫だ。

--------------------

今年で社会人6年目。

今、仕事が楽しいです。

毎日頑張ってます。

天国のYさんへ届くように…

ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

女教師と少年A

http://bit.ly/1bnun5U


【スポンサーリンク】




タグ:感動

これ本当なの? 名探偵コナンの真相 [感動]

博士「なんのことじゃ?」

コナン「こっちはとっくに気づいてるんだよ」

博士「・・・・・・・?」

【スポンサーリンク】








コナン「阿笠博士が・・・いや、コードネームアガサが」

コナン「黒の組織の黒幕だってことはな」

博士「な、なにを言っとるんじゃ・・・」

コナン「最初から分かってたんだぜ?」

博士「・・・・いつからじゃ」

コナン「最初からだよ」

博士「・・・・・・・・」

コナン「アンタが俺と出会った時からだ」

博士「バカな・・・」

コナン「考えても見ろよ」

コナン「見ず知らずの小学生がいきなり現れて」

コナン「薬で体が小さくなっただって?」

コナン「正常な奴ならそんな話信じない、いやありえない」

コナン「ましてや科学者である博士が食事のメニューを当てられただけで信じるだって?」

コナン「笑わせんなよ」

博士「じゃが信じただけで断定するのは…」

コナン「あれ?言ってなかったか?」

コナン「俺と灰原とは何年も前から知り合いなんだぜ?」

博士「な、なんじゃと!」

コナン「ジンはアポトキシンを毒薬だと勘違いしていたが…実際は違う」

博士「………薬の効果は哀君が」

コナン「灰原が薬のデータを改ざんしたのさ」

コナン「アポトキシンの本来の効果は抗癌剤だ」

コナン「灰原、いや、宮野志穂が組織に入ったのは姉の宮野明美を救うためだったんだ」

博士「…哀君の話は関係ないじゃろ」

コナン「慌てんなよ。博士が俺の推理を聞いて…いや、」

コナン「俺の姿を見て工藤新一だと信じたのは」

コナン「前もってシェリーからアポトキシンの効果に人の細胞を若返らせる効果があるという」

コナン「実験データを受け取ったからだ」

博士「………」

コナン「でなければ誰が信じるってんだ…」

博士「ワシは…新一君を…君を信じて」

コナン「はっ、実はみんなにこの話をしたんだ…」

コナン「でも誰も信じなかったぜ?」

コナン「高校生が小学生になった、なんて話…」

博士「………」

コナン「博士、アンタ以外はな」

博士「…おかしな話じゃ、服部君はその話を信じてワシらに協力してくれとったはずじゃが?」

コナン「ハ!アイツは最初から信じてねーよ」

博士「なんじゃと?」

コナン「なぜなら、最初から知ってたからな」

博士「何を知っていたというんじゃ…?」

コナン「いや、アイツだけじゃない、博士以外のみんなが知っていたんだよ」

博士「一体…なにを知っていたと言うんじゃ!!!!」


コナンが知っていたこととは!?





博士 「・・・」


コナン「江戸川コナンと工藤新一が、」


コナン/新一「「別人だってな!!!!!!」」


博士 「な、なんじゃと!!」


新一 「久しぶりだな、アガサ博士」
博士 「し、新一君・・・じゃ、じゃが・・・」チラッ
コナン「・・・」


新一 「どうしたんだ?幽霊でも見たような面だぜ?」
博士 「・・・ハッ!そ、そうか!
また哀君がコナン君に化けているんじゃな!」
博士 「試作品のアポトキシンで
新一君は高校生の姿に戻り、
ワシをからかっておるんじゃな?」


コナン「・・・・・・バーロォ」
コナン「オレは正真正銘、
小学生の江戸川コナンだよ・・・」


博士 「バカな・・・何かの間違いじゃ・・・」
新一 「博士、俺はトロピカルランドの
一件があってからずっと身を隠してたんだ」


博士 「ぐっ、ど、どういう事じゃ!
お前は組織の取引を見て殴られて、」
新一 「(お前、か・・・)そこまでは合ってるぜ」
コナン「・・・・・・・・」


新一 「でもな、ジンに飲まされたのは
コナンの言うとおり抗癌剤だ」
新一 「死にもしなければ、
体が小さくなわけがないんだ」


博士 「こ、抗癌剤じゃと?
ジンがそんな物を使うはずが」
コナン「薬の開発者は宮野志保だ・・・
その開発者が毒薬と言って渡せば・・・」


新一 「・・・例え死ななくても・・・
そう、例えば一時的に
仮死状態になったとしても」
コナン「試作段階の薬って事で
宮野志保は言い逃れができるってわけさ」


博士 「か、仮死状態じゃと?」
新一 「あー・・・ジンは薬を
信用しきってたみたいだしな」


コナン「組織が誇る天才科学者・・・
そして改ざんされた薬のデータ」
新一 「ジンもまんまと
一杯食わされたってわけさ」


博士 「じゃ、じゃあ新一は今まで
どこにいたというんじゃ!?」
新一 「ジンに殴られ薬を飲まされた俺は
仮死状態になって倒れていた」


新一 「その時に助けてくれたのが・・・
そこにいる、コナンだ」
コナン「オレは新一さんと
組織のやり取りをずっと見ていたんだ」


コナン「たまたまドイル伯父さんと
トロピカルランドに居たからね」
博士 「ド、ドイルじゃと!!!まさか、」
新一 「そう、コナンは偽名ではなく・・・
本名だったんだよ」


新一 「名探偵シャーロック・ホ-ムズの生みの親、
アーサー・コナン・ドイルの子孫」
コナン「江戸川コナン、探偵さ」


博士 「ぐ、・・・た、探偵・・・・
ほ、本物の・・・子孫じゃと」
新一 「・・・俺を見つけたコナンは
すぐに伯父さんを呼び」


コナン「事の顛末を話したんだ」
新一 「俺は生きてることを
組織に悟られないように裏側から」
コナン「僕はドイル伯父さんと
新一さんのお父さんが協力して
調べ上げた組織の重要人物」
【スポンサーリンク】




コナン「アガサ博士の監視役として」
新一 「黒の組織を調べていたのさ!」
博士 「・・・・・・」


新一 「結局組織の明確な目的は
調べ切れなかったが…」


コナン「大方、限られた時間を
精一杯生きる事を諦め」
新一 「決して戻すことのできない
時計の針にしがみ付き」
コナン「未来へ進むことに
恐怖した老人達の・・・」


新一/コナン「「叶う事のハズのない夢物語・・・
だったんじゃないか?」」


博士 「・・・・・・」

新一 「・・・・・・」

コナン「・・・・・・」

博士 「ふっ、・・・ふっふっふっ」

新一 「・・・・・・」

コナン「・・・・・・」

博士 「ハッ!ハッハッハッ!!!」
博士 「まさかこんな若造どもに
追い詰められとるとはのぅ」


新一 「・・・博士」
コナン「・・・・・・」


博士 「ふんっ、せっかく生きた成功例が
手に入ったと思っとったが」
博士 「まさか本物の小学生だったとはのぅ、
傑作じゃ!」


新一 「博士・・・・もうじき親父たちも来る」
新一 「博士がどういうつもりで
こんな組織を作ったのか知らないけどよ・・・」
新一 「もう、終わったんだ・・・・」


博士 「!?・・・おわり・・・じゃと?」
新一 「あぁ、終わりだ・・・
博士、適わない夢を見るのはもう、
止めにしようぜ」


博士 「ワ、ワシの・・・ワシのカミ・・・のヶ」
コナン「髪・・・の毛?」
博士「そうじゃ!ワシは
髪の毛が欲しかっただけじゃ!!」


―――・・・バババ


新一 「!?・・・(なんだこの音・・・外からか?)」


―――バババババ


博士 「若返ってフサフサの黒髪を・・・


『ドン!!』


博士 「ガハァ!?」ドタ!
新一 「博士!!クソッ!外から銃で!」


――バババババ


コナン「くそ!この音はヘリだったのか!」


ババババババババババババ


ジン 「ふんやってくれたな探偵小僧・・・
だが幹部の一人が死んだだけだ」
博士 「」


新一 「くっ・・・あれは、ジンか・・・」
コナン「逃がすかよ!!」カチッ!キュィィイイイイン


新一 「待てコナン!伏せろ!!」
ジン 「ふんっ」カチッ!


―――ドドドドドドドド


コナン「くそ!」


――シュゥゥウ~


ジン 「おい、浮上だ、撤退する」
ウオッカ「え?いいんですかい?」


ジン 「ターゲットは排除した、帰還するぞ」
ウオッカ「ですが目撃者が、」


ジン 「・・・俺の言うことがきけねぇのか?」
ウオッカ「へ、へい!わかりやした・・・・」


―――ババババババババ


ジン 「(ふん、組織の壊滅も近いな・・・)」バババババ
ジン 「(忙しくなりそうだな赤井、
俺たちFBIもよぉ)」バババババ


――――――――――――――


新一 「クソッ!結局ジンは逃がしちまった」
コナン「・・・ねぇ新一さん、
博士、最後なんて言ってたの?」


新一 「え?なんだ、聞こえてなかったのか?」
コナン「うん・・・髪の毛がどうとかって
言ってたけどよく聞こえなかったんだ」


新一 「・・・さぁな、結局俺たち探偵は、
犯罪者の気持ちも
マッドサイエンティストの気持ちも、
一生理解できないのかもな」
コナン「・・・そっか、そうだよね」

――――――――――――――


ドイル「コナンから連絡があったよ」
優作 「そうですか・・・では」


ドイル「うむ、無事、
始末してくれたようだよ」
ドイル「組織の金を勝手に使い荒らした
哀れなブタをね」


優作 「・・・空いた席はどうします?」
ドイル「そうだなぁ、私はジンを推薦するよ」
優作 「ジン、ですか、
新一達のライバルですね」


ドイル「・・・・(ふっふっふっ、
次の相手は手強いぞコナン)」


ドイル「アーサー・コナン・ドイルが作った
組織を追い詰め、
探偵ホ-ムズを超えて私の前に来い」


ドイル「そしたら全てを教えてやる!
その時お前がどんな顔をするか!
フッ、ハハッハハ!!!!」


優作 「・・・(その時こそ、
私の小説『名探偵コナン』が完結する)」


優作 「・・・新一、
小説の冒頭で死ぬはずだったお前が、
二発目のSilverBulletと成った時」


優作 「物語は作者の手を離れ、
誰もが想像し得ない未来が
描かれる事になるだろう・・・」


優作 「お前は真の始まりへ
辿り着ける事ができるのか・・・」


たった一つの真実を見抜く

見た目は子供

頭脳は大人

その名は

優作 「名探偵コナンと共に」

ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

女教師と少年A

http://bit.ly/1bnun5U
【スポンサーリンク】




感動の親子愛 娘と夫 [感動]

娘がお願いしたクリスマスプレゼント

6歳の娘がクリスマスの数日前から 欲しいものを手紙に書いて 窓際に置いていたから、 早速何が欲しいのかなぁと、
【スポンサーリンク】



夫とキティちゃんの便箋を 破らないようにして  手紙を覗いてみたら、 こう書いてあった。

「サンタさんへ おとうさんの ガンがなおるくすりをください!  おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、 私だんだん悲しくなって少し メソメソしてしちゃった。


昨日の夜、娘が眠ったあと、

夫は娘が好きなプリキュアの キャラクター人形と 「ガンがなおるおくすり」と 普通の粉薬の袋に書いたものを 置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの 人形もだけれど、 それ以上に薬を喜んで 「ギャーっ!」って嬉しい叫びを 上げてた。
【スポンサーリンク】



早速朝食を食べる夫の元に どたばたと行って、

「ねえ! サンタさんから お父さんのガンが治る薬貰ったの!  早く飲んでみて!」 っていって

、夫に薬を飲ませた。

夫が「お! 体の調子が、 だんだんと良くなって きたみたいだ」と言うと娘が、 「ああ! 良かった~。

これでお父さんとまた、 山にハイキングに行ったり、 動物園に行ったり、 運動会に参加したりできるね~」 って言い、

夫はだんだんと顔を 悲しく歪めて、 それから声を押し殺すようにして 「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。

震えてた。 私も貰い泣きしそうになったけれど

なんとか泣かないように鍋の味噌汁を オタマで掬って無理やり飲み込んで 態勢を整えた。

夫は娘には 「薬の効き目で涙が出てるんだ」と 言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子の家に プリキュアの人形を持って 遊びに行った後、

夫が 「来年はお前がサンタさんだな……。 しっかり頼むぞ」
【スポンサーリンク】





女教師と少年A [感動]

先生が小学五年生の担任になった時、
どうしても好きになれない児童がひとりいた。

その少年は、一人服装が不潔でだらしなかった。
中間記録に先生は少年の悪いところばかりを
記入するようになっていた。
【スポンサーリンク】





あるとき、少年の一年生の記録が目にとまったのである。

一年生・・・朗らかで、友達が好きで、人にも親切。
      勉強も良く出来、将来が楽しみ。

間違いだ。
他のこの記録に違いない。
先生はそう思った。

二年生・・・母親が病気で世話をしなければならず、
      学校に遅刻する。

三年生(一学期)・・・母親の病気が悪くなり疲れていて教室で居眠りをする
三年生(三学期)・・・母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる。

四年生・・・父は生きる意欲を失い、
      アルコール依存症となり、子供に暴力を振るう。

先生の胸に激しい痛みが走った。
ダメと決め付けていた子が突然、
悲しみを生き抜いている生身に人間として、
自分の前に立ち現れてきたのだ。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
 あなたも勉強していかない?
 分からないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔をみせた。
それから毎日少年は教室の自分の机で
予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が始めて手を挙げたとき、
先生に大きな喜びが沸き起こった。

少年は自信を持ち始めていた。
それはクリスマスの午後だった。

少年が小さな包みを
先生の胸に押付けてきた。
後で開けてみると、香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが
使っていた物にちがいない。
【スポンサーリンク】




先生はその一滴をつけ、
夕暮れに少年の家を訪れた。

雑然とした部屋で
独り本を読んでいた。

少年は、気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!
 今日はなんて素敵なクリスマスなんだ。」

六年生で少年の担任ではなくなった。

卒業の時、
先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。
 そして今まで出会った中で
 一番素晴らしい先生でした。」

それから六年、またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で
 先生に担当してもらって、とても幸せでした。
 おかげで奨学金をもらって、医学部に進学
 することができます。」

十年経て、またカードがきた。

そこには先生に出会えた事への感謝と
父親に叩かれた経験があるから
患者の痛みが分かる医者になれると記され、
こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生のときの
 先生思い出します。
 あのまま駄目になってしまう僕を
 救ってくださった
 先生を神様のように感じます。
 医者になった僕にとって、
 最高の先生は五年生
 の時に担任して下さった先生です」

 そして一年。
 届いたカードは結婚は結婚式の招待状だった。

 「母の席に座って下さい」
  と一行、書きそえられていた。

ディズニーにもこんな感動が?
みんなもディズニーの夢の中へどうぞ☆
http://bit.ly/17GJuw2

最近の教師はだめだ!
こんな声よく聞きませんか?
教師も捨てたもんじゃない☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J

【スポンサーリンク】




タグ:教師 感動

30過ぎて手に入れた宝物☆ [感動]


結婚して子供ができて、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、ときどき泣きそうなくらいの幸せを噛み締めるなー。

「荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグ」とか、

「大皿いっぱいの散らし寿司」とか、カミサンと子供には、自分が子供の頃に満たされなかったものを埋めてもらってる。


「ケチャップで名前書いたオムライス」

「釜で炊いたお米のキレイな狐色のお焦げ」

「ジャガイモとニンジンのゴロゴロしたカレー」

みんな夢見るだけで一回も与えられなかったものだ。「年の数だけロウソクの立ったケーキ」も。

なんか、三十過ぎた今になってようやく、切ない気分にならずに見られるようになった。

最初の頃なんか幸せな食卓に座るたび「なんで俺がこんなトコにいるんだろ」とか思ったけど。

自分みたいな一人きりの惨めな飯とか、親も不在で金も食いモンも無くてひもじい思いとかぜったいさせたくないな。


うちね、端的に言うと親が超DQNだったの。
当時のウチのメシ見たらみんな残飯かゴミかと思うよ、きっと。
幸か不幸か自立して生きて来れた。優しい嫁とも会えた。元気な子供もできた。
だから、俺はきっと神様っていると思う。

新婚当時は出されたもの食べてた。

しばらくして(長男を妊娠した頃か)「ね、好きなものなんでも作るよ、なに食べたい?」って聞かれたから、思わず「おっきいハンバーグ」って答えた。

我ながら三十過ぎてなにいってんだ思ったけど、嫁はニッて笑って、小さめの座布団みたいな超巨大ハンバーグ作ってくれた。

俺のこと見ててなんか感じたのかな。

爪楊枝のちっちゃな旗が立ってて、お手製ハンバーグソースで「○○くん(はぁと」とか書いてあった。

俺って妻だけではなく、初めて家庭と母親を手に入れたんじゃないのかな。
ディズニー
http://bit.ly/17GJuw2

最高の教師☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J



世界一幸せ☆ [感動]


三ヶ月程の前に、三年付き合ていた彼女と夜景をみにいった。

車から降りて、一時して俺は車に積んでいたピンクの薔薇の花束を差し出して、
「今の俺は、この夜景位しかお前にあげれるものはない。でも、これから先一緒になれたら、世界で一番の幸せをお前にあげれる。」
って言った。



感動して彼女ないてくれてた。



彼女が「これ読んで」って財布の中からボロボロの手紙を出してきた。

高校の時に書いた手紙だった(高校の時から付き合ってた)簡単にまとめて書く。



「今の彼方は浮気や珍走とか最悪の事ばかりしてるけど、私の事を本当に大事にしてくれる、大好きな人です。この手紙を渡す時、彼方は何て言ってプロポーズしてくれてるのかな?ちゃんと仕事をしてくれてるのかな?隠してる事があるから言うね。生まれつき心臓が小さくて、移植ができなかったら30歳まで生きれるか分からないって言われて育ってきた。この手紙を渡す前にもぉ死んでるかもしれないけど、彼方と少しの間でいいから結婚したい。こんなアタシでいいならよろしくお願いします」
と書いてあった。



一週間後入籍して、二人で住み始めた。

まだ二十歳だから新婚旅行には行けなかった。

それでもとっても幸せだった。



二週間前、嫁は息を引き取りました。

いきなりの事でまだ頭の整理がつかない。

俺はあいつに世界で一番の幸せをあげれたのかな?と今ずっと考えてます。


彼が大好き [感動]


私は仲のいい友達にしか教えてない隠していることがあります
私は小学校5年生のときにとっても大好きな人ができて、中学生になるまでずっと好きでした
でも6年生の11月頃に彼こコクることにしました
私た中学生になるとき…転校することになっていたので最後に彼に気持ちを伝えたくて
伝えたました。
でも、なにも返事は来ませんでした…



告白して3日後彼と私の間に壁ができました
告白する前はとっても仲も良かったのに…
彼にひどいことも言われるようになりました…

それから私は男性が嫌いになりました…
しゃべることも無理になってしまったのです
今私は中学1年生です
転校して新しいお友達もできました。
でもやっぱり男性は無理です
あのこと思い出すと6年生の頃の自分、辛くて辛くて泣いてた自分が思い浮かんでしまいます…

教室のろーかさえも通れずいつも友達と裏から教室にいっています


それからー私は遠距離の人に告白されました
最初は断るつもりでした
でも彼の想いがなぜかすごく伝わってきて
断りたくない自分がいることに気づきました
それで返事はOKにしました

とっても優しい人です…
私はほんとに彼のことが大好きです
ほんとに出会えてよかったと心から思います

でも彼氏意外やっぱり男性は苦手です

毎日毎日ー。男子の横を通るだけでガンみされて…みんながいうには私はとっても可愛いこらしくて…私はそんな自分のこと可愛いなんて思ったことなくて…学校の門をはいったら中3と中2の男子たちがガンみしてきます。
私からしたらそれはすごく学校生活しにくいです

だから逆に学校の門からいかず、今は学校の門の裏から学校にいっております

ディズニー
http://bit.ly/17GJuw2

最高の教師☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9

もし僕が死んだら☆

http://t.co/yyFpB1a20J



タグ:感動 実話

もし僕が死んだら [感動]


一人の英国人兵士が、イラクで銃弾に倒れた。
彼は戦場に赴く前、婚約者に一通の手紙を残していた。
“もしぼくが死んだら、開封して読んでほしい”と託して。



英ランカシャー州のリー・ソーントンさんは、イラク南部に展開する
第12砲兵連隊に所属していた。
9月5日、街を巡回活動中に銃撃を受け、搬送されたドイツの病院で
2日後に亡くなった。22歳だった。

ソーントンさんは、学校の先生になることを目ざして大学で勉強していた
ヘレン・オプレイさん(21)と婚約。
イラクから戻れば、08年に結婚式を挙げる予定だった。

彼の死後、手紙を読んだオプレイさんは
「私の気持ちはとても言葉で表せない。彼は親切で、寛大で、男の人に求めるすべてを持っていた」
と悲しんだ。

手紙の内容は英BBCや主要紙でも報じられ、
「涙が止まらなかった」といった市民らの声が寄せられ続けている。

————————————————————–
なぜ、ぼくはこの手紙を書いているのだろう。
君には絶対にこの手紙を読んでほしくない。
だって、読むということは、ぼくが死んだということなのだから。

君は愛がどういうもので、愛されるとどういう気持ちになるか、
ぼくに教えてくれた。
いかに生き、本当の幸せのためにはどうあるべきかを教えてくれた。

神様がぼくらをこの地上で引き合わせてくれたのだと思う。
ぼくのベッドの頭の上には、君の写真がはってある。
毎晩、口づけしたぼくの指で君の顔をなでて、
君に見守られながら眠りにつく。

でも今度はぼくが、夢の中でも君が安らかでいられるように
君を見守ってあげる番だね。

さびしい時はいつだって、そっと目を閉じてごらん。
ぼくは君のすぐそばにいるよ。

ぼくは全身全霊で君を愛したよ。
君はぼくのすべてだった。

永遠の愛を。リー

ディズニー感動の話☆
http://bit.ly/17GJuw2

最高の教師☆
http://bit.ly/1dPRx8L

30過ぎて手に入れた宝物
http://bit.ly/1aH5K9m

世界一幸せ☆
http://bit.ly/1924VS9



タグ:感動 実話

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。